初心者や子供でも楽しく弾ける&上達できる!ギター教室の選び方

ギターが弾けるようになりたいからギター教室に通いたい!でもギター教室といってもたくさんの種類があってどのように選べばいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

今回の記事ではそんなギター教室を選ぶ際のポイントについて紹介していきたいと思います。

ライター紹介 Tama15年間ピアノ教室に通い、その後に専門学校で作曲を勉強。現在はフリーライターとして活動している。

ギター教室選びの前に…どのギターを弾きたいか決まっていますか?

ギターと一口に言っても、次のようにさまざまな種類があります。

エレキギター

アンプにつないで、スチール製の弦を弾いて演奏するギターです。ロックから現代音楽までさまざまなジャンルで活躍し、伴奏だけではなくソロでメロディーを奏でることができます。
基本的にバンドに所属しており、一人で演奏することはほとんどありません

クラシックギター

エレキギターと違ってアンプなどには繋げず、ナイロン製の弦を弾いて演奏するギターです。そのため静かで柔らかい音色が特徴で、ボサノヴァやタンゴで使われることが多く、メロディーよりも伴奏として使われることが多いです。

弾き語りでクラシックギターを使用したり、バンドの中で使われることもあります。

アコースティックギター

スチール製の弦を弾いて演奏しますが、エレキギターと違って柔らかい音色が特徴となっています。アンプを使わずに演奏をすることもありますが、ものによってはアンプをつないで演奏するものもあります。
弾き語りなどにもよく使用され、バンドの中に入って演奏することもあります。

フラメンコギター

クラシックギターとよく似た構造ですが、最近作られたフラメンコギターでは軽い素材で作られていたりなどクラシックギターとは構造に少し違いがあります。

歯切れがよく、シャカシャカとした軽い音が特徴です。その名前の通り、フラメンコによく使われるギターです。

ジャズギター

ジャズギターはエレキギターの一種で、ギターそのものではなく演奏するジャンルで区別されます。その名前の通り、ジャズに使われるギターですが、ジャズを演奏するならどんな種類のギターでも構いません。しかし、よくジャズギターとして使われるものはアンプをつないで演奏をするギターがほとんどです。

ギター教室ではどんなことをするの?

ギターレッスンで練習する内容は、個人の実力によって異なります。

費用はギター教室によって異なりますが、マンツーマンレッスンだと1回のレッスンでおよそ5千円程度、グループレッスンだと8千円程度になります。授業時間は月2~4回で、一度のレッスンが1時間ほどといったところが多いです。

  • 初心者の場合
    まだ楽譜の読み方もわからないという初心者であれば、楽譜の読み方から始まり、ギターのチューニングの方法や手入れ方法の指導から始まります。
  • 中級者の場合
    すでにある程度ギターが弾けるという中級者の場合は、今の実力や演奏で見直すポイントやこうしたらもっといい音になる、という点を探しながら練習していきます。
  • 子供向けコースの場合
    子供向けのコースだと、まず初めにリズム感を鍛える練習やドレミを覚えるなど、音楽の基本から勉強していきます。その後にギターを使ったコードの押さえ方を練習していき、大人と同じようなレッスンをしていきます。

ギター教室に通うメリット

基礎から教えてもらえる

独学だと省いてしまいがちなギターの基礎事項からしっかり教えてもらうことによって、確実に上達をしていくことができます。

独学で練習する際に基礎を省いてしまうと、いざ曲の練習に入ったときにつまずいてしまうことがありますが、教室で教えてもらえばその心配がありません。

正しいフォーム、練習法を学べる

独学で正しいフォームで練習ができているかどうかを見極めるのはとても難しいです。

教室で先生に見てもらえば、プロの目線で常に正しいフォームで練習することができるため、練習でフォームでつまずくことがありません。

また、個人に合った練習方法を教えてもらえるので、独学に比べると圧倒的に上達までの時間が早くなります。

先生からフィードバックがもらえる

練習で行き詰ってしまった時に、いつでも相談できる先生がいるという環境は、ギターを学ぶにおいて最大の武器になるでしょう。

また、自覚がない部分で演奏についての弱点があったときに、先生がそれに気づいてアドバイスをしてくれます。

練習を効率よく進めるコツも教えてもらえるので、独学に比べると上達のスピードが圧倒的に早いです。

ギター教室に通うデメリット

レッスン費用がかかる

教室で教えてもらうと上達するのが早い分、もちろんレッスン費用がかかってきます。

先程説明したように、月におよそ1万円ほどの費用を払い続けることができるのか、財布と相談して教室に通うかを検討する必要があります。

先生との相性が悪い場合がある

いざギター教室に入会した後に、先生との相性が悪いことに気付くということもあります。先生との相性は練習を進めていくうえでとても大切なポイントになってきます。

教え方が自分に合っていないと、練習するのが辛くなってきますし、モチベーションが下がり、上達までの回り道になってしまいます。

そうならないために、本当にこのギター教室でいいのか、この先生でいいのかを再確認するために必ず体験レッスンを受けるようにしましょう。

ギター教室の選び方のポイント

ギター教室にはグループレッスン、マンツーマンレッスンの二種類がありますが、いち早くギターの上達をしたいのであれば、断然マンツーマンレッスンをお勧めします。

なぜなら、周りのペースに左右されずに自分のペースで練習を進めることができるからです。

マンツーマンレッスンでは先生が1時間、個人と面と向かって練習ができるので、大人数を相手とするグループレッスンに比べると1度のレッスンで得るものの量が全然違います。

しかし、ギター仲間が欲しいという目的でギター教室に通う場合はグループレッスンを受けてみてもいいでしょう。

また、ギター教室選びでは次のような点に着目して探してください。

  • わかりやすい説明ができる先生がいるか
  • 楽器のレンタルができるか
  • 先生の指名ができるか

教室によっては、ギターを無料で貸し出ししてくれる場合もあります。

ギターを持っているから大丈夫、ではなく、もしギターが故障して修理に出すことになってしまった時のことを考えて、楽器のレンタルができるかを視野に入れて選んでみてください。

ギター教室に入会する前にはかならず体験レッスンをしよう!

サイトの情報やネットでの口コミなどを鵜呑みにして早々に入会するのではなく、必ず体験レッスンを受けるようにしましょう。

入会してから「こんなつもりじゃなかった・・・」と後悔してしまうと、費用だけではなく上達までの時間まで無駄になってしまいます。

入会してから後悔しないためにも体験レッスンを受けたうえで、本当に自分に合った教室なのか、入会を慎重に検討するようにしてください。

また、最近はオンラインでのレッスンを行っている教室もあり、ある程度ギターが弾ける中級者であれば気軽に受けられると思います。

オンラインでのレッスンも体験ができる場合があるので、ギター中級者の方はオンラインレッスンの体験を検討してみてください。

オトコロドットコムで音楽教室を検索する方法

オトコロドットコムでは、様々な条件で候補となる音楽教室を手軽にピックアップすることができます。まず最初に、音楽教室検索ページトップ にアクセスします。
主に2つの方法で店舗一覧を表示することができます。

① 都道府県 > 市区町村 > 駅 など絞込みをして一覧を表示させる方法
② 検索窓口からピンポイントで住所や地名を入力して検索する方法

①おすすめ順やエリア内の全店が見たいなら「都道府県から絞込み」

オトコロドットコム都道府県 図都道府県一覧から、市、駅、沿線などを絞り込んでいくことが来ます。検索結果は、おすすめ順や情報が詳しい順となり、その地域に含まれる全店が表示されます。駅ページの場合は、駅から1km以内の店舗のみ表示されます。

②距離順で見たいなら「検索窓口から」住所や地名を入力して検索

音楽教室検索ページトップ にある検索窓口から地名や住所などの場所を検索します。その際、条件を絞りたい場合は歯車マークを押して詳細検索で、絞りたい項目にチェックを入れて検索してください。
住所の他に駅名や地名、有名な建物名などでも検索できますが、県名や市名など範囲が広すぎる場合検索がうまくいかないことがあります。

店舗一覧は、検索した場所から近い順に表示されます。(店舗までの距離が表示されます)店舗は検索した地点から20km以内の店舗のみ表示されます。

当サイトオトコロドットコムでは全国の10,000件以上もある音楽教室をまとめており、地域毎に検索して簡単に比較することも出来ますので是非利用してみてください。