日焼けサロンに掛かる料金相場は?トータルで掛かる費用をシミュレーションしてみた

日焼けサロン 料金相場

日焼けサロンに通うとなるとトータルでどれくらいの費用が掛かるかご存じでしょうか?この記事では日焼けサロンで日焼けをする際の料金相場やトータルで掛かる費用についてご紹介するので、少しでも安く日焼けサロンに通いたいと思っている人はチェックしてみてください。

ライター紹介:T.Katahira毎年ボディビルのコンテストに出場する為に日焼けサロンを利用しています。自身も日焼けサロンに関して何も分からない状態から通い始めたので、これから日焼けサロンに通おうとされている方のお悩みを解決できるようなリアルな情報をお届けします。

日焼けサロンの料金相場は?

日焼けサロン 費用まずは日焼けサロンの利用料金の相場について見ていきましょう。日焼けサロンの料金の相場は10分で500円から1000円ほどです。

例えば30分利用する場合は1500円40分の場合は2000円ほどが相場となります。日焼けサロンの料金設定や時間の設定はマシンの強さやお住まいの地域、店舗によってかなりばらつきが見られます。

例えば、関東地方にある通常のタイプのマシンを多く揃えるA店では以下のような料金設定ですが、

  • 10分 500円
  • 20分 1000円
  • 30分 1500円

上級者向けの強いマシンを取り揃える東海地方にあるB店では

  • 25分 2700円
  • 35分 3780円
  • 45分 4320円
  • 60分 5400円

という料金設定になっています。

日焼けサロンの料金は取り扱うマシンや店舗のある地域によって差が出るものです。続いてはマシンの種類や形状による料金の違いについて見ていきましょう。

マシンの種類や形状による料金の違い

日焼けサロンの料金はマシンの種類や形状によっても異なります。基本的に肌をより黒く焼くことができる強い(紫外線の)マシンになるほど、1回あたりの利用料金は高くなります。

「より黒くしたい方」「上級者向けのマシン」などのキャッチフレーズが書かれているマシンは一般的なマシンに比べて、10分あたりの料金が500〜1000円ほど高い傾向にあります。

またタンニングマシンの種類には大きく分けて、立って使用する「スタンディングタイプ」と寝て使用する「ベッドタイプ」の2つに分けられます。2つのタイプがありますが、マシンの形状によって値段が変わることはありません。

「全身焼き」か「顔」だけか

タンニングマシンには、全身を焼くマシンだけではなく、顔だけを焼くことができる「フェイスマシン」もあります。顔は日焼けが定着しづらいため、顔だけを追加で10分ほど焼くという使い方をします。顔焼け用のマシンは全身用のマシンに比べて10分あたりの料金が500円ほど安いのが一般的な料金設定です。

日焼けサロンの料金に含まれるサービス

日焼けサロン 格安初めて日焼けサロンに通われる場合、どんな流れで利用するのか不安に思う方も多いはずです。ここからは日焼けサロンを利用する際に料金に含まれるサービスについて見ていきましょう。

日焼けサロンの料金には以下のサービスが含まれます。

  • タンニングマシンによる日焼け
  • タンニングローション
  • シャワールーム利用
  • バスタオルレンタル

料金の中にはタンニングマシンによる日焼けはもちろんですが、日焼け用のローションやジェル、タンニング後のシャワーの利用などもサービスに含まれています。

基本的に手ぶらで通うことができるようになっています。またシャワー後に飲み物1杯サービスしてくれるお店もあります。

タンニング中は多くの汗をかき、身体は脱水状態になりやすいです。そのため、ドリンクのサービスはタンニング後の水分補給として行なっていることが多いです。

店舗によってはオプションとして、フェイスタオルやニップレスなどをレンタルできる場合もあります。また日焼けした肌をケアするための乳液などを別途購入することもできます。

初めての利用時は割引サービスが受けられることが多い

日焼けサロン 最安値初めて日焼けサロンを利用する方に向けて「初回サービス」を実施している店舗が多くあります。初めての利用に限り、初回の利用料金の割引が受けられるサービスです。

日焼けサロンを初めて利用する場合は、予約や受付時に初回利用であることを伝えておきましょう。

お住いの地域に複数の日焼けサロンがある場合は、初回割引を利用して費用を安く抑えて体験をしながら、お店を選ぶこともできます。

回数券でお得に利用できる

日焼けサロンによっては回数券を用意している店舗があります。数回分の回数券を購入することで、1回ごとの利用よりもお得に日焼けサロンを利用できます。

割引内容は店舗によりますが回数券の購入で1回分無料になったり、無料で10分追加できたりと様々です。詳しくは通われる予定の店舗にお問い合わせ下さい。

夏に向けて日焼けサロンに通った時の費用感

実際に日焼けサロンに通った際にかかるトータルの料金をシュミレーションしてみましょう。夏に向けて小麦色の肌を目指す場合を考えてみます。

目的マシンの種類時間、頻度料金(1ヶ月)
下地作り弱いマシン10〜15分、週1約4500円
理想の色まで焼く弱いor強いマシン15〜30分、週2約12000円
メンテナンス強いマシン20分、週1約10000円

色白の方、もしくは日焼けサロンを初めて利用する方の場合は、弱いマシンで短時間が鉄則です。最初は肌の反応を確かめならが徐々に時間、頻度を上げていきましょう。

初めての利用の場合、弱いマシンで10〜15分 週1回程度から始めて下地を作ります。初めて日焼けサロンを利用する方や色白の方は、この段階で肌の変化を感じることができるでしょう。1ヶ月ほど続けて肌に問題がなければ頻度を週2回に増やします。

肌が焼けてきて、下地ができたら強いマシンに変えてもっと焼いていくか、理想に近づいたのであれば、メンテナンスとして強いマシンで週1回に戻しましょう。

下地作りに1ヶ月、週2回で理想の色まで焼くのに1ヶ月、トータル2ヵ月ほどで小麦色の肌に近づきます。イメージとしては下地を作ってから、理想の色まで焼き、理想の色になったらメンテナンスをするという流れです。

もちろん肌の状況や日焼けの定着具合やには個人差があるため、いきなり長時間利用せずに様子を見ながら行いましょう。

日焼けサロンはお金と時間がかかる

日焼けサロン 安く利用する方法今回は日焼けサロンを利用する際にかかる料金についてご紹介しました。日焼けサロンでタンニングをするには、お金と時間がかかります。

日焼けを定着させるためには、1回の利用ではなくある程度の期間を通う必要があるからです。しかし、タンニングマシンは太陽光に比べて肌へのダメージが少なく安全です。

そのため、肌の健康を考えて日焼けサロンで下地を作り、肌を守ることができると考えると値段相当の価値はあるのではないでしょうか。また、時間とお金を節約しようとして、急いでも綺麗に日焼けをすることはできません。

初心者の方はとくに肌の様子や体調を見ながら、徐々に頻度や時間を増やしていく必要があります。これから日焼けサロンに通おうと思っている方は、ぜひ急がずに時間をかけて綺麗な小麦色の肌を目指していきましょう。

日焼けサロンではお得な割引やサービスを用意していることが多いです。事前に通われる予定の日焼けサロンのHPをチェックしておくことでお得に利用できます。

オトコロドットコムで日焼けサロンを検索する方法

オトコロドットコムでは、様々な条件で候補となる日焼けサロンを手軽にピックアップすることができます。まず最初に、日焼けサロン検索ページトップ にアクセスします。
主に2つの方法で店舗一覧を表示することができます。

① 都道府県 > 市区町村 > 駅 など絞込みをして一覧を表示させる方法
② 検索窓口からピンポイントで住所や地名を入力して検索する方法

①おすすめ順やエリア内の全店が見たいなら「都道府県から絞込み」

オトコロドットコム都道府県 図都道府県一覧から、市、駅、沿線などを絞り込んでいくことが来ます。検索結果は、おすすめ順や情報が詳しい順となり、その地域に含まれる全店が表示されます。駅ページの場合は、駅から1km以内の店舗のみ表示されます。

②距離順で見たいなら「検索窓口から」住所や地名を入力して検索

日焼けサロン 比較
日焼けサロン検索ページトップ にある検索窓口から地名や住所などの場所を検索します。その際、条件を絞りたい場合は歯車マークを押して詳細検索で、絞りた項目にチェックを入れて検索してください。
住所の他に駅名や地名、有名な建物名などでも検索できますが、県名や市名など範囲が広すぎる場合検索がうまくいかないことがあります。

店舗一覧は、検索した場所から近い順に表示されます。(店舗までの距離が表示されます)店舗は検索した地点から20km以内の店舗のみ表示されます。

日焼けサロン 料金比較マップ当サイトオトコロドットコムでは全国の300件以上もある日焼けサロンをまとめており、地域毎に検索して簡単に比較することも出来ますので是非利用してみてください。