都道府県から探す

関東

国内の御朱印がもらえる神社カテゴリー

国内にある御朱印がもらえる神社の初穂料やもらえる御朱印の種類などを直接訪問するか電話で確認して一覧にしました。

登録が見つかりません

お探しの情報が見つかりませんでした。条件を変えて検索をしてください。

Google Map が読み込みできませんでした

Google Maps API の読み込みができません。

※地図上には20件ずつ表示

地域・条件の絞り込み

地名や住所を入力して検索すると近い順で表示されます。

国内の御朱印がもらえる神社一覧

    • No image

    日枝神社(ひえじんじゃ)

    平安末に江戸氏の館に祀られ、太田道灌は江戸城の守護神と信仰、家康が天正十八年入城以来、将軍家の氏神と尊崇し、その祭礼・山王祭は、近世の「祭」を代表します。維新後は皇居(皇城)鎮護の神と信仰されています。御朱印は各時代で授与していた5種類を頂けます。溜池山王駅から徒歩3分です。

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)

    伊勢神宮のご分社的な格式を有しており、「東京のお伊勢さん」とも呼ばれています。御祭神は、天照皇大神、豊受大神をはじめ、造化の三神、倭比賣命です。「飯田橋駅」から徒歩5分のところにあります。

    [最終更新日: 2019.10.31]
    • No image

    神田神社(かんだじんじゃ)

    天平二年の創建と伝えられ、今の大手町にありました。元和二年に千代田区外神田の現在地へ遷座し、江戸城の艮鬼門の守護神として歴代将軍の尊崇厚く江戸総鎮守となりました。祀られている神様は大己貴命、少彦名命、平将門命です。

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    平河天満宮(ひらかわてんまんぐう)

    [最終更新日: 2019.10.31]
    • No image

    築土神社(つくどじんじゃ)

    天慶三年、江戸城内豊島郡上平川村に創祀されました。津久戸明神と称したのが始まりでその後、社名の改称と地に変遷後、現在地に鎮座しました。祀られている神様は天津彦火瓊々杵尊と平将門之霊です。

    [最終更新日: 2019.10.31]
    • No image

    三崎稲荷神社(みさきいなりじんじゃ)

    創建は詳かではありませんが建久以前、仁安の頃とも伝えられています。当時の神田山(現、駿河台)の山麓(現、本郷一丁目)武蔵国豊島郡三崎村に鎮守の社として祀られたとされ、その後幾多の変遷の後、明治三十八年現在地に遷座されています。

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    水天宮(すいてんぐう)

    有名な安産の神様です。文政元年に領地久留米水天宮の御分社を三田赤羽の有馬藩邸に建てたのが創めです。明治元年に青山に移り、さらに明治五年に現在地の中央区日本橋に移りました。祀られている神様は天御中主大神、安徳天皇、建礼門院、二位ノ尼です。

    [最終更新日: 2019.10.31]
    • No image

    椙森神社(すぎのもりじんじゃ)

    唯一「富塚」のある神社です。遠く一千年の昔、田原藤太秀郷、将門(まさかど)の乱を鎮定の為、戦勝を祈願することを始めとしています。文正元年、太田道灌、雨乞祈願に霊験があり、伍社稲荷大祭を遷し祭祀しました。江戸時代には江戸三森の一つに数えられ恵比壽大神を祭り祭祀しています。

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    小網神社(こあみじんじゃ)

    御祭神に倉稲魂命と市杵島姫命が鎮座し、強運厄除の神さまと称されている神社です。向拝の随所に彫刻が施された社殿・神楽殿は、中央区文化財に登録されています。人形町駅から徒歩5分、水天宮前駅、茅場町駅からは徒歩10分に位置しています。

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    松島神社(まつしまじんじゃ)

    鎌倉時代の元亨以前にこの辺りが入り海であった頃、松の木が鬱蒼と生えた小島に柴田家の邸内社として祀られてあったが、天正十三年(1585年)松島稲荷大明神として一般に公開参拝の自由が許され、大正五年六月十日松島神社と改称されました。御朱印は初穂料各300円です。。松島神社と日本橋七福神の大国神という二種類が授与されます。

    [最終更新日: 2019.10.31]
    • No image

    末廣神社(すえひろじんじゃ)

    勝運災難除の神様の神社です。鎮座は今から400年以上前と伝えられています。日本橋七福神のひとつとして、お正月は沢山の人で賑わいます。祀られている神様は倉稲魂命と武甕槌命です。

    [最終更新日: 2019.10.31]
    • No image

    福徳神社(ふくとくじんじゃ)

    清和天皇の貞観の頃(859~877年)の鎮座とされ、幾多の変遷を経て維新後は四十余坪の境内地となった神社です。半蔵門線「三越前駅」から1分のところにある神社です。御祭神は倉稲魂命(うかのみたまのみこと)です。清和天皇の貞観の頃(859~877年)の鎮座とされています。

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    波除稲荷神社(なみよけいなりじんじゃ)

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    鐵砲洲稲荷神社(てっぽうずいなりじんじゃ)

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    住吉神社(すみよしじんじゃ)

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    根津神社(ねづじんじゃ)

    東京都文京区にある神社です。日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社で、江戸時代五代将軍徳川綱吉は世継が定まった際に現在の社殿を奉建、千駄木の旧社地より御遷座しました。権現造りの本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・透塀・楼門の全てが欠けずに現存し、国の重要文化財に指定されています。現在授与されている御朱印は、根津神社の御朱印・乙女稲荷神社の御朱印・駒込稲荷神社の御朱印・東京十社の御朱印の4種類です。

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)

    458年に創建されました。学者、文人に崇敬され、現在では学問の神様として全国的に有名な神社です。現社殿は平成七年に総檜造りで造営されました。祀られている神様は、菅原道真公と天之手力雄命です。

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    小石川大神宮(こいしかわだいじんぐう)

    後楽園の直ぐそばにある神社です。 伊勢神宮の分神として神宮側からの要請で出来た神社で天照皇大神をお祀りしています。 2020年1月現在、工事中により元の場所の向い側の仮殿にての参拝になりますが仮殿の奥の住宅の撤去後の夏頃には新社殿が建つ予定との事です。 場所がら巨人ファンの参拝も多い神社です。 御朱印は社務所にて頂けます。

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    白山神社(はくさんじんじゃ)

    [最終更新日: 2020.3.12]
    • No image

    簸川神社(ひかわじんじゃ)

    [最終更新日: 2019.10.31]
※当サイトの内容が間違っている場合や最新ではない場合もございますので、必ず店舗に直接お問い合わせください。