岡山市にある動物カフェ(アニマルカフェ)利用料金やふれあえる動物の種類と共に一覧にしました。口コミやコメントも紹介しており、住所で検索すると近い順で表示されます。

さらに地域で絞る

区から絞る
北区 / 南区

岡山市動物カフェ・猫カフェ一覧

    • BLUE CAT CAFE(ブルーキャットカフェ)

    BLUE CAT CAFE(ブルーキャットカフェ)

    編集部コメント:殺処分ゼロを目指し活動する保護猫カフェ。 猫と触れ合うことができる猫ルームを利用するだけでなく、ガラスの向こうにいる猫を眺めてカフェだけを楽しむことも可能なので、猫が好きだけど触れ合えない、という方も利用できます。 おすすめの理由: ・オシャレなカフェが集まる”問屋町”にあるので、プロの職人が作るケーキなど本格カフェメニューが楽しめます。 ・猫ルームはマナーを守れるお子様なら保護者同伴じゃなくても入室可能です。 ・保護猫の譲渡について相談に応じるほか、猫について知ることができる...

    [最終更新日: 2022.12.08]
    • 【お得】3000円分のポイント&1000円クーポンがもらえる

    【お得】3000円分のポイント&1000円クーポンがもらえる

    キャッシュバック
    クーポン

    au以外の契約の方でも利用できます。auスマートパスプレミアム入会で1円以上で使える1,000円クーポンがすぐにもらえます(初回30日間は無料でお試し可)しかも、3か月間購入金額の20%ポイント還元(合計最大3,000P獲得!)お得すぎるキャンペーンなので公式サイトを見てみてください!

    • 二庵(にあん)

    二庵(にあん)

    岡山市北区にある猫カフェです。金土日の三日間営業しており、夜は20時まで開いています。1階は駄菓子やドリンクが飲み放題の飲食スペース、2階は猫と遊べるスペースに分かれています。中学生未満でも入店できるので家族で猫と遊べます。支払いは現金のみですが、予約ができるので待ち時間なく入店できます。新品であれば猫のおもちゃを持ち込むことができるので、お気に入りのおもちゃを選ぶのも楽しめそうです。

    [最終更新日: 2022.12.08]
    • 小豆柴の郷 岡山駅前店

    小豆柴の郷 岡山駅前店

    岡山駅の目の前にあるこの店舗はアクセス抜群です。世界で最小の柴犬といわれている 「小豆柴」、「豆柴」「極小豆柴」に会えるこのカフェは岡山駅の目の前にあり、アクセス抜群です。30分ごとの入替チケット制となっており、チケットの完売状況や受付可能時間は随時Twitterで案内されています。

    [最終更新日: 2022.12.08]
    • 猫茶

    猫茶

    [最終更新日: 2021.09.27]

近隣の動物カフェ・猫カフェ

      • 倉敷豆柴カフェ

      倉敷豆柴カフェ

      倉敷市にある豆柴のいるカフェです。入場料は大人880円小人680円でワンドリンク付きです。チケットを購入後に決められた入場時間に戻るシステムなので、時間を有効に使えるのも良いですね。系列店のフクロウの森、ヒョウ猫の森、ハリネズミの森との複数店入館割引もあります。写真撮影できるのも嬉しいポイントです。

      [最終更新日: 2019-10-31]

地域・条件の絞り込み

岡山市の近隣エリアから探す

岡山市動物カフェ・猫カフェカテゴリー

動物カフェ料金体系について

動物カフェの一般的な料金体系は幾つかのタイプに分かれます。人気の動物を揃えているカフェは概ね金額が高く、土日祝日が高い料金設定です。また、独自の料金設定を組んでいるところが多くあり、他との比較が中々難しいのが最近の傾向です。例えば猫カフェを例として挙げると、以下の様な料金パターンがありお店によって様々です。

動物カフェ料金相場比較

※猫カフェの平日1時間辺りの料金相場となります
安めの料金相場普通の料金相場高めの料金相場
都市部800円~1,200円1,000円~1,200円1,200円~1,500円
地方・郊外500円~800円900円~1,000円1,000円~1,200円
特徴・傾向ワンドリンク付き。里親の希望者募集の目的が多い。延長追加料金システムや中学生以下の割引価格がある。品種別の猫だけではなく、MiXもいる場合が多い。午前中・夕方入場割引など様々あり。珍しい品種の猫がいたり、インテリアがお洒落。カフェメニューにアルコールがあったりとバリエーションあり。個室貸し切りでデートにも使えるところも。Wi-Fi完備など便利な環境。

初めて動物カフェに行く際の持ち物・注意点・準備する物

動物カフェでは靴を脱いで部屋に入ることが普通です。素足は厳禁で、店舗に用意されているスリッパを履かされることが多いです。気になる人は使い捨てのスリッパを持参するとか、厚手のソックスを用意すると良いでしょう。入り口で手の消毒をして入りますが、濡れティッシュなど清潔グッズは持っていると何かと便利です。動物によっては抱っこNGにしているところもありますし、大声で驚かしたりするのも絶対に厳禁です。また、撮影するときはフラッシュNGの動物カフェもありますので、うっかりフラッシュ機能をONにして撮影しないよう、くれぐれもお気を付けください。

動物カフェ検索はこちら

動物カフェ ハリネズミ当サイトオトコロドットコムでは地域別の動物カフェを料金や動物の種類とともに一覧で表示することができます。是非、ご利用ください。

都道府県から探す

※当サイトの内容が間違っている場合や最新ではない場合もございますので、必ず店舗に直接お問い合わせください。
オトコロドットコム編集部

掲載情報責任者

オトコロ情報収集チーム

データ収集 contributors

オトコロ在宅ワーカーチーム約500名

情報収集ポリシー

原則として掲載企業から提供された情報または、公式サイトに掲載されている第1次情報のみを掲載しています。詳しいポリシー