小動物(うさぎ・ハムスター・インコなど)の動物病院の料金・費用を知っておこう

動物病院 小動物 料金
ペット飼育不可の住宅でも比較的飼育が許可されることが多い小動物(うさぎ・ハムスター・インコなど)は、いつの時代も多くの人に愛され飼われているだけでなく、小さなお子様が初めて飼うペットとしても人気です。

もちろん、ペットの身に何かあった時は、動物病院での診察が必要になることもあります。しかし、犬猫よりも小さい小動物の診療費は、一体どれくらいするものなのでしょうか?ここでは、小動物(うさぎ・ハムスター・インコなど)の動物病院で必要な費用に関する説明をしていきたいと思います。

ライター紹介動物が好きで動物看護師として仕事をしており、自宅で犬2匹・猫2匹と暮らしています。

動物病院の料金について

動物病院は病院によって診療費が大きく異なります。例えば、うさぎの歯削りが500円でできる病院もあれば、1,000~2,000円の料金がかかる病院もあります。一体、どうして病院によって料金が異なるのでしょうか?

動物病院は自由診療

獣医師の診療に関わる料金は、独占禁止法により獣医師会等が料金の制定や獣医師同士の協定で料金設定することができません。

そのため、動物病院では互いに競争し共存できる体制を維持するため、あえて料金に格差を生じています。

小動物(うさぎ・ハムスター・インコなど)の動物病院でかかる料金の平均目安は以下の様になります。

診察500~1,000円前後
爪切り・歯削り0~1,000円程(診察に含まれることもある)
ウサギの避妊・去勢手術20,000~40,000円前後
超音波検査3,000~5,000円前後
レントゲン検査5、000円~
血液検査(採血)1,000~2,000円程
血液検査(完全血球検査)1,000~3,000円程
血液検査(生化学検査)300~5,000円程(検査項目により異なる)
内服薬(1週間の場合)100~1,000円程

実は、小動物であっても犬や猫と料金はあまり変わりません。体が小さくても診察を行うことには変わりはないため、料金もほぼ同じなのです。

それでは、上記の表を参考にうさぎ・ハムスター・インコ毎に診療内容と料金の詳細に関してご説明していきます。

うさぎ

動物病院 うさぎ小動物の中でも比較的体が大きいうさぎは、うさぎ専門の動物病院であれば子宮蓄膿症の予防のために避妊手術を行うこともあります。

また、健康診断や術前検査の一環として血液検査を行うことが可能なため、3つの動物の中では1番診療費がかかるかもしれません。

 

また、うさぎは毛球症(毛が胃内に溜まる病気)になることが多く、レントゲンでの検査が必要なことが多いです。食欲低下や便秘が疑われた場合には、すぐに検査することをおすすめします。その他、爪切りや歯削りなどの処置を行うこともあります。

ハムスター

動物病院 ハムスター 料金体の小さなハムスターは、血液検査・超音波検査・レントゲンなどリスクの高い検査(過度のストレスにより呼吸困難になることもある)は避けることが多く、確定診断ではなく仮定の診断で治療を行うこともあります。つまり、それだけハムスターの診察・治療にはリスクを伴うということです。

 

定期的に健康診断を行うことで、ハムスターに発症しやすい心臓病の早期発見・治療が可能になり、毎日の投薬(毎月平均1000円程)で健康寿命を延ばすことも可能です。

その他、脱腸や腫瘍の発症率が高く、細胞診(2,000円前後)で診断をすることもあります。

インコ

動物病院 インコ 料金ハムスター同様に体の小さなインコの場合、血液検査・超音波検査・レントゲンなどリスクの高い検査(過度のストレスにより呼吸困難になることもある)は避けることが多く、確定診断ではなく仮定の診断で治療を行うこともあります。

 

最近では鳥専門の動物病院も徐々に増えており、こうした病院では状態や大きさによってはこれらの検査を行うこともあります。

その他、遺伝子検査や健康診断(5,000円前後)を行うこともあり、健康寿命を延ばすためにもおすすめです。

その他の動物

その他小動物であるフェレットやデグーなどの診察費も、基本的には上記で紹介した小動物たちと同じくらいと考えてよいでしょう。

また、最近では亀・カエル・ヒョウモントカゲモドキなどといった爬虫類の飼育も増えており、こうした爬虫類たちも専門の動物病院であれば診察が可能です。

動物病院の料金負担を軽くする方法

動物病院 小動物 安い犬猫だけでなく、小動物にも私たちのような健康保険制度はありません。

そのため、診察にかかった料金は、全額自己負担が基本になります。

 

動物を飼っていれば、思いもよらない病気やケガに遭遇してしてしまう可能性もあり、予想外の医療費に頭を抱えてしまう方も多いかもしれません。

ここでは、動物病院の診療費を抑える方法をご紹介していきます。

診療費が良心的な動物病院を探す

昔に比べ、今はインターネットの普及により動物病院のHPだけでなく口コミサイトも充実してきています。

口コミサイトであれば、HPでの情報では知ることのできない患者さんの本音を見ることもできるため、診療費だけでなく獣医師の人柄なども知ることができます。

 

また、実際に動物病院に電話をして、診療費がどれくらいかかるのかを聞くのも良いでしょう。病院によって料金が違うからこそ、こうした確認は大切です。

ペット保険への加入

犬猫に比べると、小動物が加入できるペット保険には限りがありますが、それでも加入することで万が一に備えることはできます。

 

ペット保険に加入することで、負担費用額が少なくなる(加入プランによります)ため、高額になりがちな入院・手術・通院の費用をサポートしてくれます。

ただし、ペット保険は新規加入できる年齢に制限があるため、加入する場合は早期加入した方が賢明です。

診療前に支払方法を確認する

動物病院での支払いは、クレジットカード利用可能なところが多いのですが、中には現金のみでしか支払いが出来ない動物病院もあります。

その場合、一度に全額を支払うことが困難な場合もあるでしょう。

そんな時は、動物病院に分割払いで対応してもらえるかどうか相談をしてみることをおすすめします。動物病院では、こうした相談にも親身になってくれるところが多いです。

信頼できる動物病院を見つけるために

実は、犬猫と違い小動物を専門に診察してくれる動物病院は意外と少ないのが現状です。

もちろん、爪切りや歯切りなどの比較的簡単な処置であれば、診察可能な病院は多いのですが、専門的な医療が必要になる(内蔵系など)場合には対応不可のことも多く、病気になってから病院を探すと手遅れになってしまうことも少なくありません。

 

そのため、小動物専門の動物病院をあらかじめ決めておくことで、万が一の時にすぐに対応することができます。

今では、ペット保険・口コミサイト・動物病院のHPなど、診療費だけでなく診療内容などの情報を得るためのツールがたくさんあります。

こうしたツールを最大限活用し、信頼できる動物病院を見つけましょう。

オトコロドットコムで動物病院を検索する方法

オトコロドットコムでは、様々な条件で候補となる動物病院を手軽にピックアップすることができます。まず最初に、動物病院検索ページトップ にアクセスします。
主に2つの方法で店舗一覧を表示することができます。

① 都道府県 > 市区町村 > 駅 など絞込みをして一覧を表示させる方法
② 検索窓口からピンポイントで住所や地名を入力して検索する方法

①おすすめ順やエリア内の全店が見たいなら「都道府県から絞込み」

オトコロドットコム都道府県 図都道府県一覧から、市、駅、沿線などを絞り込んでいくことが来ます。検索結果は、おすすめ順や情報が詳しい順となり、その地域に含まれる全店が表示されます。駅ページの場合は、駅から1km以内の店舗のみ表示されます。

②距離順で見たいなら「検索窓口から」住所や地名を入力して検索

動物病院 比較 動物病院検索ページトップ にある検索窓口から地名や住所などの場所を検索します。その際、条件を絞りたい場合は歯車マークを押して詳細検索で、絞りたい項目にチェックを入れて検索してください。 住所の他に駅名や地名、有名な建物名などでも検索できますが、県名や市名など範囲が広すぎる場合検索がうまくいかないことがあります。

店舗一覧は、検索した場所から近い順に表示されます。(店舗までの距離が表示されます)店舗は検索した地点から20km以内の店舗のみ表示されます。

全国動物病院比較マップ当サイトオトコロドットコムでは全国の約5,300件以上もある動物病院をまとめており、地域毎に検索して簡単に比較することも出来ますので是非利用してみてください。