動物病院の料金に関する疑問解説!分割払い可?夜間・救急の料金は?

獣医 動物病院

大切な家族の一員であるペットが夜間に体調を崩した場合、私たちと同じように夜間病院に連れて行き治療を受けることができます。しかし、私たちの病院と違い、動物病院にかかる料金・費用負担は大きく、治療をしたくてもその支払いに頭を抱える方も多いのが現状です。

ここでは、動物病院の夜間・救急の料金体勢や、動物病院によってなぜ料金が違うのかなど、動物病院の料金に関する疑問を解説していきます。

ライター紹介動物が好きで動物看護師として仕事をしており、自宅で犬2匹・猫2匹と暮らしています。

動物病院の料金が高い理由

色々な動物病院に足を運んだことがある方ならお分かりかと思いますが、動物病院は病院によって診療の料金が異なります。

そのため、診察をして薬をもらっただけでも、1,000円程の病院もあれば、2,000円以上する病院もあります。また、ワクチンに関しても同様で、犬の5種ワクチンが6,000円の病院もあれば、7,000円の病院もあります。

一体、なぜこのように病院によって違いが生じるのでしょうか?実は、これには理由があります。

自由診療

獣医師の診療に関わる料金は、独占禁止法により獣医師会等が基準料金の制定や獣医師同士の協定で料金設定することを禁じています。そのため、動物病院では競争できる体制を維持するために料金に格差が生じているのです。

診察500~1,000円前後
犬ワクチン6,000~8,000円程
猫ワクチン3,000~5,000円程
避妊・去勢手術20,000~40,000円前後
超音波検査3,000~5,000円前後
レントゲン検査5,000円~
血液検査(完全血球検査)1,000~3,000円程
血液検査(採血)1,000~2,000円程
血液検査(完全血球検査)1,000~3,000円程
血液検査(生化学検査)300~5,000円程(検査項目により異なる)

この表は、あくまで平均診療料金になりますが、こうした料金の違いを作ることで、動物病院は互いに競争しながら共存をしているということになります。

保険適用外

ペットには、基本的に私たちのような健康保険制度がありません。そのため、診療にかかった料金は全額自己負担となります。

私たちも、健康保険証がなく全額自己負担で医療費を支払うと、予想外の高額請求に驚くことがあるかと思います。つまり、その点はペットも同じということです。高額な医療費を少しでも軽減するために、最近ではペット保険の販売なども始まっており、加入する飼い主さんも増えてきています。

時間外診療

私たちと同様に、動物病院によっては診療時間外に診察を受けることも可能です。

しかし、時間外診療は基本的に下記に挙げる救急の時のみとなる上に、時間外診療+救急の料金が別途かかるため、通常の診察よりも料金が高くなります。

夜間救急

夜間 移動通常の診察時間外である夜間診療に対応している動物病院で診察を行った場合、通常の診察料金+夜間救急診療料金(5,000円前後)が別途かかるため、緊急を要さない限り利用を控える飼い主さんもいます。

また、夜間救急で診察を行った場合、そのまま入院をせず応急処置の治療を行い、翌日掛かりつけ病院で再度診察を促される場合が多いです。

救急

夜間とは異なり、通常の診察の時間であるお昼休みや早朝に診察を行った場合、通常の診察料金+救急の時間外費用(2,000円前後)が別途かかります。夜間救急に比べると少し安くはなりますが、それでも負担額は増えてしまいます。

往診

時間外診療で、往診をしてくれる動物病院があります。大型犬で移動が難しい場合や、飼い主さんの都合によりご自身で連れて行かれない時などに役立つ往診ですが、通常の診察料金+往診費用(3,000円前後)が別途かかります。

動物病院の料金を安くするには

料金動物病院にもよりますが、動物病院の診療費はどこも高く、ご家庭の生活に大きな影響を与えることは間違いありません。

それでも、ペットを飼っていると思いもよらなかった病気やケガをしてしまい病院通いが増えてしまう場合があります。そのため、日頃から備えや準備をしておくことが大切です。

診療費の安い動物病院を探す

最近では、動物病院の口コミサイトなどが充実しているため、実際に通っている人の投稿を見ることができます。こうした投稿の中から、診療費が安い病院を探すことで、診療費を抑えることができます。

また、実際に動物病院に電話をして、診療費などを聞くという方法もあります。とくに、避妊・去勢手術やワクチンなどの予防処置は、料金の格差が激しいことが多いため、事前の確認をしておくと役立ちます。

ペット保険に加入する

保険ペットが、ペットではなく家族の一員という認識になったことで、ペット保険が普及し加入率も増えてきています。ペット保険では、日々の通院はもちろん、高額になりがちな入院・手術費用をサポートしてくれるプランがあります。

また、ペット保険と提携している動物病院では、窓口清算が可能ですが、そうでない病院でも、ご自身で手続きを行うことで、加入プランに応じた負担金額(30%・50%・70%等)で済みます。

ただし、ペット保険は新規加入できる年齢が決まっていることが多いため、加入を考えているのであればできるだけ早期の加入をおすすめします。

診療前に支払方法を確認する

動物病院によっては、現金のみしか対応していないところがあります。そうなると、一度に高額な診療費が支払えないこともあり、支払いができず困ってしまう方も多いかもしれません。

そんな時は、動物病院に分割払いができるか確認をしてみましょう。動物病院は、現金のみでも分割払いに対応してくれるところも多いため、急な出費でお金が全額用意できない時などに親身に相談に応じてくれます。

信頼できる動物病院を見つけよう

犬このように、自由診療である動物病院の診療費は、同じ内容の処置を行っても治療費に大きな差が生じることが分かりました。しかし、高ければ医療技術が良いとは限りませんし、診療費が安いからといって医療技術が悪いというわけでもありません。

少し難しく感じるかもしれませんが、飼い主さん自身で、その見極めをすることが求めらます。本当に良い病院は、飼い主さんとペットに対し親身になってくれます。もちろんそれは、医療技術だけでなく、診療費の支払いに関してもそうです。

ペット保険・口コミサイト・動物病院に直接聞くなど、情報を得るツールはたくさんあります。これらを上手く活用し、高すぎる動物病院の診療費を安く済ませ、ペットとの日々の暮らしを豊かにしてみてはいかがでしょうか。

オトコロドットコムで動物病院を検索する方法

オトコロドットコムでは、様々な条件で候補となる動物病院を手軽にピックアップすることができます。まず最初に、動物病院検索ページトップ にアクセスします。
主に2つの方法で店舗一覧を表示することができます。

① 都道府県 > 市区町村 > 駅 など絞込みをして一覧を表示させる方法
② 検索窓口からピンポイントで住所や地名を入力して検索する方法

①おすすめ順やエリア内の全店が見たいなら「都道府県から絞込み」

オトコロドットコム都道府県 図都道府県一覧から、市、駅、沿線などを絞り込んでいくことが来ます。検索結果は、おすすめ順や情報が詳しい順となり、その地域に含まれる全店が表示されます。駅ページの場合は、駅から1km以内の店舗のみ表示されます。

②距離順で見たいなら「検索窓口から」住所や地名を入力して検索

動物病院 比較 動物病院検索ページトップ にある検索窓口から地名や住所などの場所を検索します。その際、条件を絞りたい場合は歯車マークを押して詳細検索で、絞りたい項目にチェックを入れて検索してください。 住所の他に駅名や地名、有名な建物名などでも検索できますが、県名や市名など範囲が広すぎる場合検索がうまくいかないことがあります。

店舗一覧は、検索した場所から近い順に表示されます。(店舗までの距離が表示されます)店舗は検索した地点から20km以内の店舗のみ表示されます。

全国動物病院比較マップ当サイトオトコロドットコムでは全国の約5,300件以上もある動物病院をまとめており、地域毎に検索して簡単に比較することも出来ますので是非利用してみてください。