愛猫の動物病院、平均的な料金を総まとめ(怪我・予防接種・ダニ・避妊など)診療内容別

動物病院 料金 猫

飼いネコが病気やけがを負った場合、すぐに動物病院に連れていきたいものです。ですが、動物病院は人間のように健康保険がないので料金が高くなりやすく、想像以上の請求をされることがあります。

そこで、「動物病院の料金の対策をしておきたい」という方に向けて、愛猫の動物病院でかかる料金の目安やその詳細についてご紹介します。

ライター紹介動物病院でロイヤルカナン栄養管理アドバイザーとして年齢・持病・個性に合わせた食事指導の経歴をもつ、元動物看護助手のwebライター

猫の動物料金でかかる初診と再診料金の目安

ペット医療は人間のように保険はないため、100%実費で支払う必要があります。

愛猫の体調が悪いと動物病院を受診しようと考える方が多いでしょうが、猫の動物病院でかかる料金は、以下の3つが主な内容になります。

  • 診察料
  • 各種検査料
  • 処置料

猫の平均的な初診料はおおよそ1,300円、再診料は500~1,000円です。ここに便や血液検査代、点滴などの処置料がかかります。

受診するときは、年齢関係なく、かならずキャリーに入れていきましょう。怖がりで暴れてしまう猫の場合は、洗濯ネットの中に入れた状態で来院すると安全に診察がおこなえます。

動物病院でかかる料金のまとめ

受診するときの費用の目安として、動物病院でおこなわれる主な項目の平均的な料金を以下の様になります。あくまで目安のひとつとして、確認してください。

項目料金
皮下点滴料(薬剤は別途)1,500円~
爪切り500~1,000円
耳掃除500~1,500円
健康診断20,000円前後
去勢15,000~25,000円
ワクチン(混合)3種 3,000~5,000円
7種 5,000~7,500円
シャンプー短毛種 5,000円~
長毛種 6,500円~
ノミ1回分 スポットタイプ 1,300円~
内服薬 1,000~1,500円
注射 6,000円前後
血液検査1,000~1,500円
(血液生化学検査1項目 500円~)
歯石取り麻酔あり 20,000~50,000円
麻酔なし 5,000~10,000円
レントゲン3,000円~(鎮静が必要な場合、別途必要)

猫を拾った場合

動物病院 拾い猫 検査猫を拾ったとき、外見的には健康そうでも体の調子や感染症の疑いについて素人が判断することは難しいものです。

無事に保護したら、かならず動物病院で以下の検査を一通りしてもらいましょう。

  • 初診料
  • ノミやダニの駆除
  • 予防接種
  • 血液検査及び便検査


費用の総額としては、10,000~20,000円ほどあれば安心でしょう。猫を拾って保護した場合、基本的に動物病院ではタダで治療してもらえることはなく、預かってもらえるわけでもありません。

猫を拾った時点で、その猫への責任は自分に生じるのです。保護するときはある程度の覚悟を持っておきましょう。

爪切り

動物病院 猫 爪切り猫は自ら爪とぎをするので一定以上は伸びません。
しかし、高齢になると爪とぎの機会が減って爪がどんどん長くなってしまうので、人間が爪切りをしてあげる必要があります。

しかし、多くの猫は爪切りを嫌がって暴れるので、なかなか爪切りをさせてくれません。

そんなときはペットショップや動物病院に相談すれば深爪の危険も少なく、あっという間に終わります。万が一出血しても、適切な治療が受けられるので安心です。

耳掃除

耳のチェックも欠かさずに行いましょう。
以下のような症状がある場合は耳ダニの寄生やマラセチアの感染、外耳炎の疑いがありますので、すぐに獣医師に相談しましょう。

  • あまりに汚れている
  • 異臭がする
  • 痒がる

とくにスコティッシュフォールドなど折れ耳タイプは通気性が悪いため、雑菌が繁殖しやすいという特徴があります。
目に見える範囲でかまわないので、コットンやガーゼでやさしく撫でるように定期的に拭き取ってあげることをおすすめします。

健康診断

動物病院 猫 健康診断猫は1歳でいわゆる大人になり、そこから人間のおおよそ4倍のスピードで年をとっていきます。
7歳からはシニア期と呼ばれ、人間でいうと50歳なので、少しずつ体にガタが来てもおかしくありません。できるだけ7歳からは年に1回健康診断を受けるようにしましょう。

健康診断の基本的なコースは以下の7つです。

  • 問診(体重測定など)
  • 尿検査
  • 便検査
  • 血液検査(血球計算、血液生化学検査)
  • レントゲン
  • 超音波検査
  • 心電図

猫は自分の不調を隠そうとする動物なので、いざ症状が出たときにはすでに進行していることもあります。少しでも早く病気を発見するためにも、定期的に健康診断を受けることが大切です。

去勢

去勢手術は30分ほどで終了し、ほぼ出血がないため、日帰りも可能なケースもあります。最大のメリットはむやみに子を作らせないという点ですが、ほかにもマーキング行為の減少や性行為による感染症予防も期待できます。
一方、肥満になりやすくなってしまうので、食生活には気を付けましょう。

ワクチン

動物病院 猫 ワクチン猫用の混合ワクチンとは、複数のウイルスと細菌に対抗するためのワクチンを組み合わせたものです。

たとえば、「コアワクチン」と呼ばれる猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症の3つを予防するものが3種混合ワクチンです。

愛猫の生活環境についてかかりつけの獣医と相談し、愛猫に合ったワクチンを接種しましょう。

接種後、副作用として食欲不振や発熱、まれにアナフィラキシーショックを発症することもあります。接種後は無理をさせず、様子がおかしいと感じたらすぐに動物病院に連絡するようにしてください。

風邪

猫が風邪をひくと、一般的にくしゃみや鼻水、熱や目ヤニ、咳などの症状が出ます。
人間なら「放っていても勝手に治る」と考えがちですが、猫の場合は動物病院に早めに連れて行って治療しましょう。
とくに子猫は体力がないので、肺炎や気管支炎など重症化してしまう恐れがあります。

動物病院によっても異なりますが、治療には注射や投薬、点滴が一般的です。初診なら10,000円ぐらい用意しておけば安心です。

シャンプー

動物病院 猫 シャンプー猫は自分で毛づくろいをしてキレイな毛並みを維持できる動物です。そのため、基本的にシャンプーは必要ありません。

ただ、以下のような場合は定期的なシャンプーが必要です。

  • 大量のノミ
  • 肥満体、老齢の猫
  • 舌が届かない

汚れがたまりすぎると皮膚炎になることもあります。
一方、健康なのに毛づくろいをしない場合は体に異変が起きている可能性が高いので、獣医師に相談しましょう。

ノミ

ネコノミは、体長2~3ミリで猫の体に寄生し、オスメスともに吸血する生物です。ネコノミに寄生されると以下のようなリスクがあります。

  • 激しいかゆみ
  • ノミアレルギー性皮膚炎
  • 瓜実条虫症
  • ネコヘモプラズマ感染症

もし、ネコノミによって瓜実条虫の幼虫やウイルスが感染すれば、下痢や嘔吐、貧血などを引き起こします。
ネコノミは見つけても潰してはいけません。メスの場合は卵が飛び散る可能性があるため、かならず動物病院に連れていきましょう。

骨折

猫が骨折する原因は、キャットタワーからの落下やドアや窓で尻尾を挟む、交通事故などさまざま。どの猫種でも骨折する可能性が十分にあります。

  • ワイヤー
  • プレート
  • 創外固定(皮膚の外側から固定)
  • インターロッキングネイル(太いピンを骨の中心に入れる)

一般的に、これらの方法で骨折した患部を固定します。
骨折部位や状態、年齢や骨の太さなどで異なりますが、費用は診察料や薬、血液検査やレントゲンなどを合わせて100,000~600,000円ほどかかります。

歯石取り

野生の猫は肉を引きちぎって歯の表面の汚れを取るため、歯磨きは必要ありません。
一方、飼い猫の主食は細かくて柔らかくなりやすいペットフードなので、食べカスが残りやすく、口臭や歯周病の原因になります。

歯周病が進行すると歯が抜けるだけではありません。頬の皮膚に穴が開いて歯周ポケットに溜まった膿が出る、下顎骨骨折などの症状を引き起こすことがあります。

愛猫が年老いても食事が楽しめるように、歯のケアを十分におこないましょう。

レントゲン

レントゲンは以下のような場合に撮影をおこないます。

  • 骨折など骨の異常
  • 誤飲など消化器系の異常
  • 肺炎など呼吸器系の異常
  • 心肥大などの循環器系の異常
  • 膀胱結石など泌尿器系の異常
  • 妊娠診断

特に猫は呼吸器疾患と消化器疾患には気を付けましょう。

基本的には全身麻酔をかけませんが、暴れる場合は鎮静薬を使用することがあるので鎮静料金が別途かかります。
また、枚数やバリウム造影などをした場合は20,000円ほどかかると考えておいた方が良いでしょう。

まとめ

愛猫の動物病院でかかる料金の目安やその詳細についてまとめてみました。
ただ、動物病院側が自由に設定でき、受診料や治療費などの明確な基準がない以上、そのときになってみなければ正確に知ることは難しいでしょう。

「お金の話をするのは苦手」とためらってしまう方もいるかもしれませんが、100%自己負担となる料金について相談することは決して悪いことではありません。
愛猫に万が一のときの備えとして、ある程度の治療費は把握しておきたいものです。

オトコロドットコムで動物病院を検索する方法

オトコロドットコムでは、様々な条件で候補となる動物病院を手軽にピックアップすることができます。まず最初に、動物病院検索ページトップ にアクセスします。
主に2つの方法で店舗一覧を表示することができます。

① 都道府県 > 市区町村 > 駅 など絞込みをして一覧を表示させる方法
② 検索窓口からピンポイントで住所や地名を入力して検索する方法

①おすすめ順やエリア内の全店が見たいなら「都道府県から絞込み」

オトコロドットコム都道府県 図都道府県一覧から、市、駅、沿線などを絞り込んでいくことが来ます。検索結果は、おすすめ順や情報が詳しい順となり、その地域に含まれる全店が表示されます。駅ページの場合は、駅から1km以内の店舗のみ表示されます。

②距離順で見たいなら「検索窓口から」住所や地名を入力して検索

動物病院 比較 動物病院検索ページトップ にある検索窓口から地名や住所などの場所を検索します。その際、条件を絞りたい場合は歯車マークを押して詳細検索で、絞りたい項目にチェックを入れて検索してください。 住所の他に駅名や地名、有名な建物名などでも検索できますが、県名や市名など範囲が広すぎる場合検索がうまくいかないことがあります。

店舗一覧は、検索した場所から近い順に表示されます。(店舗までの距離が表示されます)店舗は検索した地点から20km以内の店舗のみ表示されます。

全国動物病院比較マップ当サイトオトコロドットコムでは全国の約5,300件以上もある動物病院をまとめており、地域毎に検索して簡単に比較することも出来ますので是非利用してみてください。